皆様お疲れ様です!

検索キーワードに『空売り』のワードが有ったため書いてみました。
しかしこのサイトに『仮想通貨 空売り』だけでたどり着いた事が驚きです。
なんてたってほぼ有益な情報無いですからね!w
では空売りについて説明です!
*個人的な見解を混じえて説明を記載しております。理解方法の違いなどあると思いますので、ご注意下さい。
尚全く意味が異なる場合コメント欄等にてご連絡いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

空売りとは?

空売りとは取引所に信用してもらい、仮想通貨(正式?には暗号通貨)を売ることを言います。

よくわからんがな。って感じだと思います。
私もFX初心者の時は『FXで空売り』と検索をかけて勉強しようと思ってましたが、頭がこんがらがっていました。

理解してしまえばどうってこと無いので心配なく!

通常取引での利益

通常の取引では、自分のお金で『安い時に買って、高い時に売る』と思います。
利益が出るようにしないと、と考えれば自然と行き着く取引です。
日常的にも普通のことなのでなんとも違和感はないと思います。

空売り(ショート)での利益

空売りはというと、その真逆になります。
『高い時に売って、安い時に買い戻す』この買い戻すという言葉が頭を混乱させるんですね。
頭のいい人は電球が見えたかもしれませんが、私には見えませんでした。はてなマークでいっぱいでした。

そこでどう説明したら良いかと考え、とある仮想通貨の空売りについて説明を載せてあるブログを見つけたので、参考にさせて頂きました。

仮想通貨のポータルサイト『Genx Notes』

私なりの解釈も混じえて絵にしてみましたので御覧ください。

空売りをバナナに例える

例えば、今年はバナナがめっちゃ豊作だと情報が入ったとします。
200円のバナナの価格って下がるんじゃないの?と主婦の方々は思うわけです。
そこでお金を儲けたい人は果物屋に金額を確認しに行きます。
そうすると、どうでしょう。金額はまだ200円のままでした。恐らくまだ豊作分のバナナは入荷していないのでしょう。

果物屋さんに『バナナは”二日後”に返すから今、その200円のバナナを”貸してくれ“』と直談判。
*普通はそんなことしたらだめですよw

無事バナナを借りることが出来ました。そしたら売るだけです。
丁度バナナを欲している人がいたので買ってもらいます。

そうすると200円儲けました!

ここで終わるとただの盗人、詐欺師です。

そして、約束の2日後

果物屋が豊作分のバナナを仕入れ、100円で売り出しました!
すかさずそのバナナを購入しに行きます!

そして約束の期日通り”二日後”に”バナナ”と”バナナの代金”を”返した”わけです。

元手0円で200円の売上、100円で買ったバナナを返す事で100円の利益が生まれたわけです。

これが空売りの仕組みになります。

取引所での流れも作りましたので御覧ください。

取引所では口約束なんかでは貸してくれません。なので”証拠金”と言うものを”預け”ます。
これで、好きな仮想通貨を売りに出すことが出来ます。
そして、値段が落ちた所で”買い戻す”わけです。

空売りの危険性

理想的な話ばかりをして、空売りしたほうが儲かると思ったかもしれませんがかなりハイリスクであることを忘れないでください。

あなたに情報が入ったということは、周りの人も知っている可能性があるということです。(インサイダーでも無い限り)
その人達がたちまち空売り(ショート)や損切りを行った場合、あなたが売るときにはかなり下がってしまい、買い戻すときの価格が売ったときよりも高くなる危険性が有ります。

ちなみにショートの損失は青天井と言われています。
青天井とはどこまでも上がることを意味します。

通常の取引であれば持っておけば大丈夫です。自分のお財布と相談なので。

ショートは貸してもらっている状態ですので、限界がありません。しかも場合によっては返済期日が有ります。

十分にリスクを把握し、相場が読める人以外にはオススメをしません。

空売り(ショート)まとめ!

つまり!よっぽど市場を熟知し、情報を的確に集め、需要と供給のバランスがおかしいところを誰よりもいち早く嗅ぎつける嗅覚が必要ということです!

初心者は絶対に手を出したらだめ!本当に取り返しの付かないことになりますからね!

ではまた!